カードローンの限度額の基準

銀行カードローンの魅力は消費者金融よりも高い限度額にありますが、誰でも手軽に高額を借入れできるわけではなく、申込者のステータスや信用情報によって左右されます。限度額は申込者の信頼性や安定性を基準に決められ、収入や職業、他社からの借り入れ情報など様々な要素を総合的に判断されます。
カードローンの限度額の基準の一つは、その人が安定した収入を得ているかどうかです。業者が最も嫌うのは不払いや返済が滞ることなので、高収入だが収入が上下しがちな人よりも、一定の収入を安定して得ることができるかどうかを重視します。
職業については、業者は安定性を求めるため、一般的に安定性が高いと考えられる職業は大手企業の正社員や公務員は有利と言われています。反対に安定性が欠けると判断されるのは、自営業やアルバイト・パートなどの職業です。職業は他にも勤続年数が長いほど、業者は好印象を得ます。勤続年数の長いということは、申込者の収入の信頼性に直結するので、最低でも現在の職業に3年以上就いていると有利です。
業者は申込者に融資を行う際、個人信用情報機関から申込者の信用情報を参照します。信用情報には申込者の借入れ履歴や借入れ状況が記載されているので、延滞・不払いなどトラブルが現在だけでなく過去に起きていた場合、信頼性が低下します。他社への申し込み履歴としは、ひと月に3社以上申し込んだような履歴が載っていると、審査の通過自体が難しくなる可能性があります。

関連記事